FantastechFashion

Browsing Category:

MARKETING

MARKETING

『リアルタイムマーケティング』とソーシャルメディアマネジャーの必要性

David Meerman Scotte(@dmscott)著「リアルタイムマーケティング」を読んで、企業内もしくはブランドごとに、「ソーシャルメディアマネジャー」なるものを置くとこの重要性をとても強く実感しました。 また、本のタイトルにもなっている、「リアルタイムマーケティング」は、ソーシャルメディアがここまで広まった今、取り入れざるを得ない状況にまで来てると思いました。 ファッションはスピードが早く、近年の著しいブロガーの登場と活躍により、情報の拡散のスピードが加速している。コレクションは発表されたその瞬間、むしろバックステージの段階から全世界へと瞬く間に発信される時代です。 この本の内容はファッション業界も例外なく当てはまりますので、かなりオススメ。今年読んだ本の中で1番かも。 『リアルタイム・マーケティング 生き残る企業の即断・即決戦略』 というわけで、本で使われている言葉やキーワードを借りつつ、 「リアルタイムマーケティング」と「ソーシャルメディアマネジャー」が果たす役割について考えてみます。 ◆プレス VS ソーシャルメディアマネージャー  ...

Continue Reading

MARKETING

理想のデジタルファッションマガジン 後編 〜利点と欠点と私の夢〜

前回のブログでは、私が考える理想のデジタルファッションマガジンとは、『NET-A-PORTERの読み物としての楽しさ、POLYVOREの世界のありとあらゆる商品をコラージュできるところ、そして72Luxの、売上の一部が(72Luxに)還元される仕組みをミックスしたもの』と、書きました。 そしてこの理想のデジタルファッションマガジンの特徴として、 プロのファッションエディターが編集 【NET-A-PORTER】 エディターが世界中のECサイトから商品収集&編集 【POLYVORE】 (仮)Paris Magazine経由で売れた商品は売上の数%が(仮)Paris Magazine側に入る 【72Lux】 広告掲載 【NET-A-PORTER】 スクラップ機能 の5つを挙げました。今回はブログの後編として、この理想のデジタルファッションマガジンのメリットと問題点について考えていきます。 また、「日本のファッションを世界に発信する」という私の夢と、デジタルファッションマガジンがどのように結びついているかについても触れようと思います。  ...

Continue Reading

MARKETING

理想のデジタルファッションマガジン 前篇

前回のブログで、eコマースと連動させたデジタルファッションマガジンは、NET-A-PORTERが完成形!!と、結論付けました。 が、しかし最近色々なファッション系のwebサービスで遊んでいるうちに、それぞれの良いところと悪いところが(NET-A-PORTERでさえも!)見えてきたところに、私が憧れるITブロガーの一人、TechDoll(fashion×ITを目指す人にはちょーおすすめ!!)の@yukari77さんの72Luxというeコマースサイトの紹介記事を読んで、理想のeコマース連動型のファッション雑誌の形を思いつきました! ということで、今日は私の「理想のデジタルファッションマガジン」について書いてみます。あくまでも、まだまだ「夢物語」の段階でございますので、「もっとこうした方がいい!」とか、「それは実現不可能だよ!」とか、ご意見お待ちしております。 ではでは、先の結論から。 私の理想のeコマース連動型デジタルファッションマガジンとは…  ...

Continue Reading

MARKETING

今日着るべき服を教えてくれる、『今日の重ね着』とその未来

『今日の重ね着』(http://higashi-dance-network.appspot.com/kasanegi/)は、地域ごとの気温とその気温にあった服装をイラストで教えてくれるというwebサービス。操作方法は、気温を知りたい場所をプルダウンメニューから選択、もしくは『現在地に設定』ボタンを押しGPSで現在地を特定するだけ、という至ってシンプルなものだが、日中と夜の服装を可愛いイラストで教えてくれ、非常に便利。  私は、天気に疎い(?)ので、天気予報で最高気温18度、最低気温12度よか言われてもイマイチピンとこない…冬場の暖房の設定は18度だと結構暖かいけど、夏のクーラーの設定は28度だし…しかも28度で結構快適…と、一体気温がどのように体感温度に影響するのは全く理解できていないのです。(笑) これからは、このwebサービスを朝起きたらまず確認し、その日着ていく服を選ぼうと思います。また、天気予報も付けてくれたら便利かも。雨が振る日には傘のアイコンが出てくれれば、ずぶ濡れで帰宅ということもなくなりそうです。   *****  ...

Continue Reading