MARKETING

情報洪水をどう対処するか? | 厳選された情報を1つだけ配信という考え方


いよいよ、ウェブマガジンから配信される情報が、紙のファッション雑誌から配信されるそれを超え始めています。紙のファッション雑誌なら、1冊のページ数に限度があるけど、ウェブとなると無限にコンテンツを追加することができます。つまり、今後も情報は増える一方なのです。

正直、全てを追うなんて絶対不可能!私自身、永遠に消化しきれない情報を追うのに疲れました。
そこで、この情報洪水の対処方について考えてみました。

結論:
厳選された情報を週に1回、各カテゴリについき1つだけ配信するメディア作る。
しかも、物理的に情報を貯めこめない様に、snapchat的に時間がたったら消滅するメディア。

無限に情報が生み出されている今の世界の流れに逆行するようですが、本当に知る価値がある情報、本当に欲しいもの、本当に知るべき情報を土曜日のブランチを食べながら10分でさくっと読めるメディアが作れたらいいな、なんて考えています。
その名も “The Saturday Brunch”


◆カテゴリ
“The Saturday Brunch”にて扱うカテゴリはこの4つだけ。この4つのカテゴリにおいて、1週間を通して本当に気になった情報を1つだけピックアップして発信していきたいです。

1. NEWS :デザイナー交代、新ブランドスタート、新店オープン、コラボなど、業界内のニュース)
2. STLYE :スタイリングの写真 (ファッションブログやWEBファッションマガジンよりセレクト)
3. Product :欲しい物 ※そのままECサイトで購入できる
4. コラム :ブログや読み物としてのコンテンツをピックアップ

◇今後の展望
1. マネタイズ
もし本当にサービスとして実行するならば、考えなければならないのがマネタイズ。
マネタイズの方法としては2つ。
① Productで紹介した商品のアフィリエイト収入
②広告配信

どっちも、消して目新しいものでもなんでもないんだけれども、ポイントとしては、
このメディアは情報を厳選し、最重要かつミニマムの情報量を配信しているという点。

人は選択肢が多すぎると選ぶことができず、結局なにも買わない。
でも、逆に厳選された本当に良いものを1つだけ差し出されたら、買ってしまう気がするの。なぜなら、「厳選アイテム」という保証付きだし、比較対象がないから。

よって、Productで紹介したものが購入される確立は、無秩序に商品を羅列するよりもずっと高いと思うの。
結果、コンバーションがあがり、効率よくマネタイズができるというわけ。

また、広告に関しても厳選し、親和性が高く、見る価値のある広告を1つだけ載せるの。
読者にマッチしない広告を複数配信するより、ズバで読者に響きそうな広告なら広告主も、読者もハッピー。

2. キュレーターの追加
数名のキュレーターを立て、そのうち一人だけを選んで情報を受取る仕組みにしたいです。
ポイントは、1人だけしか選べないという点。また、キュレーターも数名しか立てません。
理由は上に書いた通り、選択肢が多すぎても選べないから。また、キュレーターを何人も選ぶことができてしまったら、「厳選された情報を1つだけ」というこのメディアのコンセプトに反するのでNG。

◇最後に
時間は有限!情報に振り回されない!

私達はネット上に散在するコンテンツを渡り歩いて時間をあっという間に過ごすよりも、もっと価値のあることに時間を費やすべきだと思うの。
今、一生懸命追いかけている情報は、きっとどれも1週間後には忘れているはず。
もし1週間後も覚えている情報があれば、それこそがあなたにとってとても価値がある情報だったということ。
ならば、その本当に価値がある情報だけを知れば良いんじゃない?

ということで、情報洪水の対処法として、「厳選された情報を1つだけ配信」という考え方にたどり着きました。
ちなみに、”The Saturday Brunch”のサービス化の予定は未定です。が、もし興味のある方がいらっしゃれば、下記までお気軽にお知らせください。

Follow my blog with Bloglovin

Image sources : FreeDigitalPhotos.net

Leave a Reply